簡単!ハンドメイドキーホルダーの作り方

キーホルダーは市販のキットを利用すれば誰でも簡単に作れてしまいます。

今は手頃な価格で手に入るキーホルダー制作キットも色々なものがありますから、世界に一つだけのハンドメイドキーホルダー作りにチャレンジしてみてください。

初心者でも道具さえあれば簡単に本格的に作れるもの、道具無しで手作り感満載につくれるものまで様々なものがあります。

レジンで簡単モチーフキーホルダー

せっかく自分でキーホルダーを作るならより凝ったものを作りたいと考える人におすすめなのがレジンです。

今やレジンはハンドメイド作品においてメジャーなアイテムであり、キーホルダーなども簡単に作れてしまいます。

一見作り方が難しそうなおしゃれなキーホルダーも実はとても手軽に制作できてしまいます。

材料は全て100円ショップで揃う

ハンドメイドにおいてメジャーアイテムであるレジンは今や100円ショップで手に入れることが可能です。

レジンキットなどレジンアイテム作りに必要な道具や材料が全て揃ったスターターキットなどもありますから、ぜひチェックしてみてください。

キーホルダー用のパーツやデザイン用のラメ素材なども全て100円ショップで揃えられます。

100円ショップの中にはハンドメイド品が充実したお店も多いですから、低コストでおしゃれなキーホルダー作りに挑戦してみてください。

作り方次第で100円ショップアイテムとは思えないような素敵なキーホルダーを作ることもできます。

初心者でも本格的なキーホルダーが作れる

レジンの良いところは、初めてハンドメイドキーホルダーを作る人でも本格的な作品ができてしまう点です。

枠にレジンを溶かす、ラメ素材などでデザインをする、上から再度レジンで蓋をするといっただけで透明感のあるぷっくりおしゃれなキーホルダーが作れてしまいますから、感動することは間違いないでしょう。

難しい技術は一切必要無く、溶かす、デザインする、乾かすという単純な作り方で本格的な作品ができるため初心者にこそおすすめです。

回数を重ねてコツを掴んでいくといっそうおしゃれなキーホルダーを作れるようになります。

アイデア次第で色々なキーホルダーが作ることができ、おすすめ

レジンで作るキーホルダーの良い点は自由にデザインできるところです。

溶かしたレジンの中に好きな素材でデザインを施せるため、オリジナリティあふれるキーホルダーを作れます。

またレジン用の型枠はとても種類が豊富であることから、かわいいからカッコイイまでさまざまな作品が作れるのも魅力です。

同じ材料でも作る人のアイデア次第で全く違うキーホルダーがつくれるためとてもおすすめです。

レジンは作る人のセンスが現れやすいため、オリジナリティあふれるキーホルダー制作ができます。

絵が得意な人向け!プラ板キーホルダー

自分で絵を描いてキーホルダーにしたいというのであればプラ板キーホルダーがおすすめです。

専用のプラスチック板に絵を描き焼くだけなので誰でもチャレンジできます。

枠にとらわれず完全に自由なキーホルダーを作りたいのであればプラ板を利用するのが一番良いでしょう。

描いて焼くだけだから簡単

プラ板キーホルダーの良い点は、絵を描く、切り抜く、やすりをかけて形を整え、焼いて冷ましてストラップを付ければ完成という、非常に簡単な作り方でキーホルダー作成ができるところです。

特別な技術は一切必要無く不器用な人はもちろん子どもでもあっという間に作れてしまいます。

ペンの太さや色を使い分けて細かく描いたイラストをそのままキーホルダーにできるので、アクリルキーホルダーなどが好きな人にもおすすめです。

オリジナルイラストはもちろんプラ板は透明なため気に入ったイラストをトレースすることもできますから、様々な楽しみ方でキーホルダーが作れます。

手作り感が好きな人におすすめ

せっかくハンドメイドでキーホルダーを作るなら、より手作り感があるものを作りたいという人には、プラ板キーホルダーはうってつけだと言えます。

絵はもちろん鋏で切りぬいたカットラインなどもそのまま味となるキーホルダーを作れますから、世界に一つだけのキーホルダーとして大切にしていけるでしょう。

大きさも自由自在でより自分の思い通りのキーホルダーが作れるといった魅力もあるため、他の人と違う独特のアイテムを作りたいといった人にもおすすめです。

自由度が高いため丸カンをつけて複数のプラ板を繋げるオリジナル繋がりキーホルダーなども作れてしまいます。

特別な道具が要らないから手軽にチャレンジできる

プラ板キーホルダーは特別な道具を必要とせずに作れるのも魅力です。

専用のプラ板、鋏、やすり、ナスカンや値付けを通すための穴あけパンチさえあれば誰でも簡単に作れます。

プラ板は100円ショップで手に入りますし、比較的大判のものが売られているため100円でいくつものキーホルダーを作ることも可能です。

絵を描いた後の焼きもオーブントースターで行えますから、レジンのように専用の道具を要するといったこともありません。

気軽にキーホルダーを作りたいのであればプラ板が一番ハードルが低く手軽にチャレンジできます。

初めてのキーホルダー作りとしてもとてもおすすめです。

切ってハメるだけ!ハメパチキーホルダー

不器用、デザインセンスが無いといった人におすすめのハンドメイドキーホルダーといえばハメパチです。

ハメパチはキーホルダーの枠に合わせてイラストや写真を切り抜きはめ込むだけというとても簡単にキーホルダーを作れるアイテムです。

自分でキーホルダーを作ってみたいけれど凝ったものは作れないといった場合にはぜひハメパチにチャレンジしてみてください。

鋏だけで作れるから嬉しい

ハメパチの嬉しい点は、鋏以外の道具が要らないという点です。

キーホルダーにしたいイラストや写真があればそれをそのまま切り抜くだけなので、誰でも簡単にオリジナルキーホルダーが作れます。

ハメパチに元々挟まっている紙の通りにくりぬき線を引けば定規すら不要ですし、わざわざサイズを測ったりする必要も無いので不器用な人はとても助かるでしょう。

レジンやプラ板のように失敗して材料を駄目にしてしまうというようなことも無く、簡単手軽に素敵なキーホルダーを作れてしまいます。

ハメパチ自体も力を必要とせず簡単にはめ込んで写真やイラストを閉じられるため子どもでも一人で簡単にキーホルダー作りが可能です。

お気に入りの写真やイラストをそのままキーホルダーに

ハメパチはお気に入りのイラストや写真をそのままキーホルダーにできるといったメリットもあります。

キーホルダー用の枠にはめてイラストや写真を傷や折れなどから守りながら身に付けられます。

キーホルダーにすることで、手帳に挟んだりしておくよりも大切な一枚をより身近に感じて持ち歩けるというのも嬉しい点でしょう。

キーホルダーパーツがくたびれてしまった場合に、新しいものに取り換えられるといった魅力もあります。

家族やペットの写真を大切に持ち歩きたいといった時には、ハメパチは非常に優秀なアイテムとして活躍してくれます。

いろいろなキーホルダーを作って腕を磨こう

ハンドメイドキーホルダーは道具が要るもの、要らないもの、様々なタイプがありますが、いずれもとても気軽に制作していけるものなのでぜひオリジナルキーホルダー作りにチャレンジしてみてください。

自分用はもちろん、制作の腕を上げたらプレゼント用に作ってみるのもおすすめです。